スピニングロッドのガイドを替えてみた 

2018年12月9日

先日久しぶりにスピニングロッド(ハマスピニングスペシャル)を使ったとき、PEラインがやたらと切れてしまい、自宅で確認してみると、トップガイドが割れていました。

外にロッド修理出そうが検討したのですが、古いロッドなのでまったく同じのトップガイドは他のガイドもダイプ劣化している為、全部ガイド交換考えると2万円前後かかるみたい・・・

2万円出すなら、当時のロッドより安価でいいロッドがいっぱい出ているので、ロッド乗り換えた方が・・・と考えつつ、使っている竿が気に入っているのでどうしよう・・・

悩みに悩んで、結論は・・・DIY(笑)

どうせなら、ダメもとでDIYしてみることにしました。

ということで、楽天とアマゾンで必要なガイドを購入。

セットの方は8個入りのやつでアマゾンで・・・(参考URL→富士工業(FUJI KOGYO) ルアーロッド用 ステンレスSiCガイドセット PKLSG20H81

不足2個は楽天で購入しました。

その他スレッドとボビンホルダーを購入しましたが割愛(笑)

ちなみにスレッドは、一色スレッドにする為、紫ではなく藍色をチョイス。

そして、まずはじめ、既設のガイドを撤去。

ライターでエポキシを少しだけ溶かして、あとはカッターでスレットは外します。

次に、撤去箇所の研磨。

他の場所に傷をつけないよう慎重に除去。

この時、ペーパーは1200番を使用。

次に、ガイドを仮止めし丁寧にスレッドを巻きます。

ガイドの仮止めは、一般的にはマスキングテープで仮止めするようですが・・・自分は面倒なのでトップ以外は速乾接着剤・・・ゼリータイプを使用。

邪道です・・・はい。

そして仕上げ・・・

エポキシでコーティング。

私はロッドドライヤー等は持っていない為、夏なら問題ないのですが、冬に通常のエポキシ剤でコーティングするのは、ちと難しい・・・

という訳で、「仕上がりが気に入らなければ夏にコーティングやり直す」を前提に、速乾タイプのクイック5を使用・・・

先程しかりですが、邪道なのは十分わかっております(笑)

ロッドを回しながら筆でエポキシを回します。

そして、すぐにターボライターで一瞬だけ炙り、エポキシの気泡を飛ばします。

そして10分・・・

上記が仕上がり・・・

微妙ですが、使うにはOKかな??

その後二日置いて出来上がったのがこちら・・・

写真が分かりにくいのですが、ハマスピニングスペシャル改自作バージョンとして生まれ変わりました。

後は実釣テストするのみです。

そして、最後に今回使ったアイテムや道具はこちらです。

アマゾンのリンク入れてますので、各アイテムの詳細はアマゾンや楽天などネットで調べてみては??

 

【使用アイテム・道具一式】

富士工業(FUJI KOGYO) ルアーロッド用 ステンレスSiCガイドセット PKLSG20H81 1セット

・富士工業(Fuji工業)PKTSG4 2個 ※これだけアマゾンに無かった為楽天で購入。

ジャストエース(Justace) メタリックスレッド(A) 細糸 901 ブラック ポリエステルスレッド(A)(リンクは黒ですが今回使ったのカラーは№082を使用)

中央漁具 CG タイイング ボビンホルダー(4931657015931)Tyuougyogu CG BOBBIN HOLDER あると便利

タミヤ マスキングテープ 10mm ケース付き & 替えテープセット / これで安心スペア付! ケースがついてるタイプでおすすめ。リンクは参考に

コニシ ボンド クイック5 80gセット 16131 ホームセンターでも売ってます。

ボンド アロンアルフア ゼリー状 10g 30613 どこでも買えます。

・カッター

・紙やすり ♯1200

・ターボライター ダイソーで購入。